Advocate Art について

Advocate Art1992年に、エージェントを持つという考えは良いと思う反面それに関連する他のものは好きでないというイラストレーターらによって設立されました。当社の信念は公平、能力、創造力、そして信頼から成るF.A.C.Tです。正しいことを行い、適切な人々と一緒にいるということです。当社の信念は従来のエージェントとは異なりますが、その信念に固執することで創造性のあるイラストレーターを引きつけ、結果的に最良のクライアントを(少しの力を借りて)引きつけることに繋がっているのです。

代表する人々は彼ら自身で完璧に仕事をすることができますが、彼らは当社が提供するサービスによって価値を得ることができるため、Advocate Artと共に仕事をすることを好んでいます。当社は、事前に吟味をして同じような志を持ち、ただ仕事ができるだけではなく期待値を大きく上回るアーティストを代表することをクライアントに保証します。

当社を選んだのはアーティストの選択であり、最初から当社にいる中でも最も人気なアーティストの在籍率はとても高いです。

当社は、クライアントとイラストレーターとの直接的なやりとりを可能にした最初のエージェントの一つであり、変化の中でも創造性を失わずに発揮させました。また、当社はアーティストに重要な二次収入として再販売を行なった最初のエージェントの一つです。今や、アーティストは、オンラインポータル ARTicleの開発によって、著作権やクレジット管理などのバックオフィス機能の透明化を図ることができるようになりました。

ビジネスというのは関係性が全てです。だからこそ、当社はエージェントに対するアーティストの比率が高く、クライアントはよく当社をアーティストアドバイザーやプロジェクトマネージャ、そして資格のある人材のためのトレンドフォワードリソースとして利用しています。

これらの理由から、Advocate Artは最大のイラストレーションエージェントになりました。最も尊敬されるエージェントの一つでありたいと思っていますが、もちろんそれを尊大に振舞うという意味では捉えていません。ぜひ当社にお越しになってその意味を見つけてみてください。


エージェント紹介

アドルホ・サンチェス

アドルホ・サンチェス

アドルホはスペインのオフィスから働いているEU圏担当のシニアセールスエージェントです。


スペインのムルシア大学を美術史の学位を、バレンシア大学を教育の修士を取得して卒業し、スペインで文化的な面から美術トレーナー、学芸員、指導教官など様々な役割を果たしてきました。実のところ、彼はヨーロッパやラテンアメリカのクライアントも受け入れているAdvocate Art EU圏のシニアエージェントとしての仕事と、様々な現代アートプロジェクトの独立キュレーターや私たちのスペイン/ヨーロッパオフィスがあるマルベーリャの地方政府の文化コンサルタントとしての協力も両立しています。

アレクシナ・シールマンス

アレクシナ・シールマンス

ベルギー出身の彼女はイギリスと日本の2ヶ国で勉強していたため、英語、フランス語、そして日本語が堪能です。自分自身が独創的であるので、アーティストが直面する苦労をよく理解できます。また、素晴らしいアーティストが出版やライセンスの世界で成功するアーティストのサポートに熱心です。私はクリエイティブな産業でデザインインターン生からブリュッセルのギャラリーでの翻訳者やアシスタントまで様々な役割で働き、彼らが日本人アーティトと連携するのを手伝いました。

アマンダ・ヘンドン

アマンダ・ヘンドン

子供時代にいたずら書きをしていた時から高校でファッションデザインを学んでいた時までアートが自分の人生の一部でなかった時が思い出せません。常に変わらずアートが身近にありました。2015年にパーソンズでイラストレージョンの学位を取得して卒業した後、アートに関わる全てのことに熱意を持ってAdvocateに入りました。在学最後の年に、自分が他のアーティストと一緒になって働くことがどれだけ好きなのか、どれだけキュレーション、アートディレクション、そしてアーティストの作品の販売を支援することが好きなのかに気づきました。Advocateに来ることは最も明らかな次のステップだったとさえ感じます。3月に雇われ7月にフルタイムになりましたが、有意義な時間を過ごしています!

Advocate Artの雰囲気は一瞬で私に刺激やモチベーションを与えてくれます。私はアーティストと親密に関わったりシンプルなスケッチが素晴らしい完成品に変わる経過を見たりすることがとても好きです。エージェントであることやそれに関連する全てのことを学ぶことをとても楽しんでいます。空いている時間には、ビンテージマップやグリーティングカードを集めたりテンポラリータトゥーをデザインしたり、トランスミッター公園で愛犬と遊んだりしています。

アトランタ・ジャップ

アトランタ・ジャップ

ケニヨン大学を美術史とスタジオアートの学位を取得して卒業した後、アートに対してあまり強い情熱を抱かなかったのですが、世の中のアートの立ち位置について学ぶようになりました。アーティストである身として成功するデザインに鋭い目を向けていました。実は、私の好きなことのひとつはライブアートオークションを見ることで、その理由はそこが現在や今後の市場動向を予測できる場所だからです。実際、エージェントになったことは当たり前のことだったと感じます。私の両親はアートアドバイザー、鑑定人、そして販売者として働いていていました。アートに囲まれた環境の影響で、クリエイティブな分野で働くように育てられました。Advocate Artでの仕事はとても刺激的な経験になっています。それはまさに大好きなアートと興味のあるアートの販売をブレンドさせたような感じです。生活のために美しい技術作品を見られる自分をとても幸運に思います。

バビーシャ・バダマ

バビーシャ・バダマ

若い時から私はアートに興味がありました。手にできるものすべてに絵を描いている子がいたらそれは間違いなく幼い頃の私だったでしょう!私の学習においてアートは常に身近な存在で、その時にクリエイティブなキャリアを積もうと決心しました。2015年にイラストレーションと美術史の学位を取得してポーツマス大学を卒業しました。卒業後、Advocateでの3ヶ月間のインターンシップを含め、フリーランスのイラストレーターとして働いたり、イラストの分野でも様々な役割で働いたりしました。Advocate Artに戻る前は、2年間ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで展示会のコーディネーションとアート販売をやっていました。もう一度戻ってもっと働きたいと私に思わせてくれた、様々なアーティストやクライアントと一緒に働いたことは純粋にとても楽しかったです。

ハリー・ブルーム

ハリー・ブルーム

私は、ブライトン大学でイラストレーションを学ぶために南部へ移動する前は「イギリスの中心」からすぐのウォリックシャーで育ちました。たくさんの才能のあるクリエイティブな人たちと勉強した経験がアートの分野で働きたいという野望を強固にしていきました。卒業後は、イラストレーションでのキャリアを追うためにロンドンに移動しました。私のイラストの練習を引き継ぐまではファッションマネジメントの分野で働く側、フリーランスのクリエイターとして働きました。それからは、世界中のクライアントと協力したりオリジナルの児童書を出版したりしながらフルタイムのイラストレーターとして働いています。今は、反復的な練習を通して培ったスキルや経験を、他のアーティストをガイドしたりサポートしたり活力を与えたりすることに使いたいと強く思っています。私はクリエイターやクライアントと協力することを楽しみにするのと同様に彼らのプロジェクトの実現を支援することができる機会にワクワクしています。この産業は非常にやりがいがあり、ここAdvocate Artで才能溢れるチームの一部になれることに感激を感じるとともにアーティストを代表することに誇りを感じます。

ナタリー・ホー

ナタリー・ホー

プロのアーティストとして、私は常にアートを社会や日常生活と繋げることに身を捧げてきました。私は台湾で生まれたのち10年以上をアメリカで過ごしたので英語と中国語がどちらも流暢です。また、日本語話者としての資格も持っています。私の多文化な生い立ちが文化や言語の壁を超えた良い伝達者としての自分を形成しました。私はあなたと繋がり、私の専門分野を使ってあなたのニーズを最大限支援することを楽しみにしています。

サム・グロフ

サム・グロフ

サムはニューヨークオフィスで働いていて、アートライセンスにぴったりな織物や型紙のデザインの経験があり私たちのエージェントに入りました。サムのクリエイティブな目のおかげで最新のトレンドに追いつくことができるのでグリーティングカード、文房具、そして商業製品に最適です。彼女は特に5歳から青少年までの中学年に特化した子ども向けの出版業にも興味があります。サムはパーソン美術学校の総合設計に学位を持っています。    

サマー・キム

サマー・キム

私はシンガポールの南洋理工学院でデジタルメディアデザインとアニメーションを学んだのち、ゲーム、放送局、イベントや貿易関係など様々な産業で働いてきました。自分自身がトリリンガルであるおかげでクライアントやアーティストのことをより理解したり違う国や文化間を簡単に順応することができます。自分のスキルを使ってAdvocate Artのビジネスをアジアに展開していくことだけでなく、アーティストやお客様と一緒に刺激的なプロジェクトに携わっていくことを楽しみにしています。

ウィリアム・ドレイソン

ウィリアム・ドレイソン

キングストン大学でイラストレーションの学位を取得後、編集、フォスターとパートナーのための建築イラスト、児童書のイラスト、さらには友達と一緒に小さなデザインスタジオを作るなどイラストレーターとしては様々なキャリアを積んできました。クリエイターとして働いているうちに、自分にとってクライアントと一緒に関わり関係を築いていくことがどれだけ楽しいかということに気づき、そこからイラストのエージェントになりたいという気持ちが自然に芽生えてきました。

 

私は新しいイラストレーターやアーティストに会って彼らの作品に対する情熱について聞き彼らの経験したことについて学ぶことがとても好きです。この業界で働いたことがあるので、私自身イラストレーターまたアーティストが抱える浮き沈みに完全に共感できます。

 

私は、関わっていくアーティストやクライアントが可能な限りAdvocate Artと価値のある関係性を築いてもらいたいと思っています。

インターンシッププログラム

私たちAdvocateはインターンシッププログラムを積極的に行っており、プログラムを通じて多くの学生やキャリアを求めている人たちの役に立ちたいと願っています。

美術史、デザイン、イラストそしてその他関連分野からの学生から人気です。またバイリンガルのエージェントを雇っているため言語系の学生にも注目されています。

もし大手アーティストエージェントの内部の様子をご覧になりたいのであれば、インターンとして私達と一緒に時間を過ごすことが最善の方法です。インターン生はフォリオやサイト、プロジェクトの管理など日々の業務を手伝ってもらいます。お茶入れをさせることは絶対にありません!アーティストがどのように説明を受けているのか、何が流行で、実際にイラストレーターとして働くには何をしなければならないのかなどを学ぶことができます。もちろん、将来のあなたの雇い主を感動させるような推薦状もお渡しします。さらに、お土産として、Advocateの肩がけバッグをプレゼントします。インターン終了時には、ランチと旅費もお渡しします。インターン期間は最短10日間から最長は30日間です。

今までインターン生がこの忙しいエージェントの運営に必要不可欠になったことはありません。私たちは世界中の未来のアーティストやデザイナーにAdvocateのメッセージを広めています。また、私たちは採用プラットフォームであり(現在働いているスタッフのうち10人がインターンシップから採用されました。)、安価な労働ではなく助けを必要としています。

海外からのインターンシップ生も大歓迎です。基本的な英語の話し書きができるのなら、是非ご連絡ください。宿泊できる現地のホテル、食費と旅費を提供します。インターンシップ生はEU市民であるかイギリスで有効な就労許可証を持っている必要があります。

The internship programme