Arrow Arrow
Fiona Osbaldstone

Fiona Osbaldstone

いつでも空いています!プロジェクトについて是非聞きたいです。
フィオナはケントで生まれ育ちました。子どもの頃から絵を描くことがとても好きで、よくディズニーキャラクターを彼女なりに描いていました。彼女は常にアートにまつわる何かをしたいと考えていたことから、Kent Institute of Art & Designに行ってその可能性を探りました。彼女は、ディビッド・シェパードとノーマン・ロックウェルのディテールと多様なスタイルを持つ作品にインスパイアを受けました。フィオナはたいてい水彩絵の具を使いますが、必要に応じて鉛筆やアクリルを使って作業をすることもあります。「本来あるべき姿に見せることが好きです。」と彼女が話すように、彼女のスタイルは写実的ですが、写真的な現実さとは異なります。彼女の作品には、自然史、植物学、人々やシーンが含まれています。芸術分野以外では、と言っても近しいものですが、陶器が大好きで自分の作品を作って販売することもしています。写真やサイクリングも楽​​しんでいますが、「サイクリングはあまり得意ではなく、いつもきまって溝に落ちてしまいます。」と話しています全ての自己紹介を見る

最新情報

Jun 03 2016