Marianna Lokshina

Marianna Lokshina

いつでも空いています!プロジェクトについて是非聞きたいです。
マリアンナはモスクワで生まれました。彼女の父は熱心な写真家で、幼い頃から写真を撮ることを試すよう勧められていました。16歳のとき、父はマリアンヌがプロの写真家からレッスンを受けられる環境を整えました。彼女はモスクワ工科大学、そして芸術大学で写真学を学びました。卒業後は、スタジオでの作業からポートレート写真の撮影、フォトジャーナリズム、そして写真の基礎の教授や地元大学でのレタッチ作業まで、写真家のありとあらゆる側面を経験しました。彼女は2000年からロシアの写真芸術家組合のメンバーになっています。また、モスクワのスタジオで働いており、過去20年間、静物写真を専門としています。17世紀のフランドル派の画家の作品を果てしないインスピレーションの源としており、様々なテキスチャに光影を上手く活用している点に魅了されています。マリアンヌはロシアのグリーティングカード業界でよく知られており、ほぼ全ての大手出版社が彼女の作品を出版しています。グリーティングカード業界以外では、毎年発行される彼女の作品を掲載した美しいカレンダーでも有名です。彼女にとって写真は仕事であり、趣味であり、人生においてなくてはならない一部であると考えています。写真が人々に喜びや楽しさを与える時に幸せを感じます全ての自己紹介を見る

最新情報

Sep 10 2019