Pimlada Phuapradit

Pimlada Phuapradit

1ヶ月ほど忙しいです。ご予約お願いします
ピムラーダはタイを拠点とするイラストレーターです。彼女は子どもの頃から絵を描くことが大好きでした。絵を描いた最初の記憶は、飼っていた犬の動きを簡単なスケッチで捉えて描こうとした時です。幼い頃に、芸術を作るプロセスが終わりのない楽しい実験であると知りました。彼女は人生をかけて芸術作品を制作したいと考え、クリエイティブの分野で働くという夢を追っていました。ピムラーダは、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)でテキスタイルデザインを学び、その後バンコクに戻り、ニットウェアやフリーランスの表面デザイナーとして働きました。絵を描くことへの愛情から、彼女はナラティブ・アートの分野においてさらに訓練を受けることにしました。彼女はイラストを学びにニューヨークへ渡り、2011年にスクール・オブ・ビジュアルアーツで美術学修士(Illustration as Visual Essay)を取得しました。現在は、バンコクで表面パターンのデザイナー兼イラストレーターとして働いています。ピムラーダ自然や植物からインスピレーションを得ています。また、建築、骨董品、模様のある織物、ヴィンテージのポスター、カードキャビネット、児童書の装飾を研究することが大好きです。愛犬とウサギはキャラクターデザインをするときの小さな女神となってくれています。彼女は大抵、トピックの調査とカラーパレットの色決めからデザインとイラストのプロセスを開始します。次に、紙に小さなサムネイルを下書きして、様々な構図やレイアウトを試します。そして、決まったレイアウトを描写的なデッサンにしてから、コンピューターでスキャンしてデジタルで色付けを行います全ての自己紹介を見る

最新情報

Apr 06 2020